魔障とは?

魔障とは、信心を妨害する働きのことである。

信心を筋トレと例えるなら、魔障は筋肉痛であり、魔障を乗り越えると、筋肉(強い信心)が身に付き、功徳(御利益)を頂ける。
↓日蓮正宗入門の内容を紹介↓

三障四魔とは、仏道修行を妨げ悪道に至らしめる三種の障害(煩悩障・業障・報障)と四種の魔(煩悩魔・陰魔・死魔・天子魔)をいいます。 

日蓮大聖人は三障について、「煩悩障と申すは貪・瞋・癡等によりて障碍出来すべし。業障と申すは妻子等によりて障碍出来すべし。報障と申すは国主・父母等によりて障碍出来すべし」と仰せのように、「煩悩障」とは、貪・瞋・癡などの煩悩によって仏道修行が妨げられる障りをいい、「業障」とは、五逆・十悪などの業によって起こる障りで、妻子など身近な人が仏道修行を妨げることをいいます。そして「報障」とは、過去の正法誹謗などの悪業の報いとして受ける障りをいい、国王・父母などの大きな力のあるものが仏道修行を妨げる姿となって現れてくることです。 

次に四魔の「煩悩魔」とは、煩悩が心を悩乱させ、仏道修行者が菩提を得ようとする智慧の命を奪う魔をいい、「陰魔」とは五陰魔ともいい、人間の肉体と精神を構成する五陰(色・受・想・行・識)の調和を乱す病気など、仏道修行に障害をなす魔のことで、「死魔」とは、仏道修行者が死によって修行を続けることができなくなることや、身近な人の死などで正法への疑いを起こさせる魔をいいます。「天子魔」とは、欲界の第六天の他化自在天に居住する魔王(第六天の魔王)のことで、権力者などの身に入り、修行者を惑わせて仏道を妨害する魔です。この魔は一切の障魔の根源となります。

 大聖人はこれらの三障四魔の起こる原因について、「此の法門を申すには必ず魔出来すべし。魔競はずば正法と知るべからず。第五の巻に云はく『行解既に勤めぬれば三障四魔紛然として競ひ起こる』」と仰せられています。

すなわち、大聖人の法が正しければこそ、それを破ろうとして三障四魔が競い起こり、仏道修行を妨げようとするのです。

大聖人が、「凡夫の仏になる又かくのごとし。必ず三障四魔と申す障りいできたれば、賢者はよろこび、愚者は退くこれなり」と教示されているように、障魔が起きたときこそ成仏という大利益を得るときと心得て、さらなる強い確信をもって精進すべきなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする