普通ってなんだ?

「普通とは?」

少なくとも私は普通ではない(と思いたい)し、昔から普通の中に入るのが嫌だと思うタイプだった。正直普通はつまらん。でも学校や社会は個性に対して厳しい。仕方ないから普通を演じてきたけど、凄い苦痛だった。それによりダーク(闇)の自分も作られたわけである。

出る杭は打たれる、ずっとそんな中に私はいた。とても生きづらさを感じてた。こんなの面白くもない、楽しくもない、何度もそう思ってきた。本当の自分は、とてもユーモア欲求が強かった。

誰もが長所と短所を持っていて、たとえ双子であっても違うところがある。この世に、完璧な人間もクローン人間も存在しない。

なのに、何故多くの人は普通を求める?

普通の人がそんなに偉いの?

普通じゃない人は幸せになれないの?

いろんな人間がいたっていいじゃん。何故、個性を認めようとしない?

私は、個性が強い人と接するのが好きである。笑いの渦がすぐに巻き起こるから。

私は、自分の限界が分からないから加減することが苦手である。凄く極端(急発進・急ブレーキ)な暴走人間。頑張りすぎぐらい無理して、そしてダウンして寝続ける。感情のコントロールとか苦手の為、急発進したら疲れるまで暴走する。ずっとだから学校や社会では孤独だった。

果報は寝て待て、という言葉があるけど、果報は練って待て、というのが大事らしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする