東日本大震災発生から6年経つ

2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災が発生した。

私は、当時勤務していた会社の出張中で大阪にいた。大阪で震度4の揺れであった為、東海地震が発生したんじゃないかと凄く不安になった。

すぐに地震の情報収集し、東北が震源地であることを知り、余計に愛知のことが心配になった。

すぐにでも自宅に帰りたかったが、大阪での仕事も終わっていなかったし、むしろ、東海より南に位置する関西の方が安全という上司の判断に従うことになった。

宿泊先のビジネスホテル、テレビは地震のことばかり。現実逃避したくなるような映像が流れ続けた。

ちなみに我が家は海抜65mのところにあるから津波の心配はない。でも、首都圏直下地震や南海トラフ地震が発生したら、今まで通りの生活ができるとは思えない。

たくさんの犠牲者がいる東日本大震災、この出来事を無駄にしてはいけない。海の近くに住んでいる人は高台に移住したり、古い家に住んでいる人は耐震性を見直してほしい。

といっても、外出中に震災の被害に遭ったら困るけど。

そんなときは、気休めでもダメ元でも、とにかく「南無妙法蓮華経」と心の中で唱えてほしい。どうか大聖人様(仏様)の力を信じてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする