相手に何かを伝えるときに必要なこと

  1. まず自分がその伝えたいことを理解していること。少なくとも正しい情報を伝える。
  2. まず結論(要点)を伝えること。私が読む(聞く)側なら、その方が理解しやすい。詳しい説明は後回し。
  3. 相手に分かるように伝えること。誰が(主語)・何をした(述語)・いつ・どこで・何故・どのように、ということを意識してみよう。

絵の伝言ゲームはとても面白い。もちろん1番目の人は、次の人達に正しく伝わっていくように、お題の特徴をシンプルに描く必要がある。2番目の人は、その絵が何を表しているのかを理解して3番目の人に伝えていく。もし、書いている絵が何か分からなければ正しく伝わっていかない。(昔、マジカル頭脳パワーで楽しみにしていたコーナーだった。)
例えば、『ドラえもん』を何も見ずに正しく描ける人はそんなに多くないはず。(少なくとも私は描けん。)

もし伝言ゲームのお題が『ドラえもん』だったら、私の場合、丸を縦に2つ(雪だるま)描いて、下の丸に四次元ポケット描いて、上の丸にタケコプターを描く。

このように伝えたいことは、要点や特徴を把握した上で、さらにそれを簡単に伝えることをオススメする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする