「ありがとう」の反対語は!?

「ありがとう」の反対語、私は全く思い浮かばずにギブアップ。でも答えを知ると納得した。なるほどって思う。

「ありがとう」を漢字にしてみると「有難う」であり、有ることが難しいという意味になる。そこから逆の意味を考えてみると…

「ありがとう」←←∥→→【当たり前】

  • ~してもらって当たり前
  • ~あって当たり前
  • ~いて当たり前
  • ~できて当たり前

このように「当たり前」って思ってると、確かに感謝の気持ちはない。また、最初はありがたいと思っていても、それが習慣になると感謝の思いが薄れてくる。

日本での日常生活、貧しい国からしてみれば、当たり前じゃないことばかり。戦争がない、食料がある、学校がある、病院に行ける、等々。

林修氏が言ってたらしいけど、勉強が嫌いならしなくていい、世界を見れば勉強したくてもできない子供達がいて、勉強は贅沢なことであると。私もその通りだと思う。何の目標もないのに、ただ何となくってだけで高校や大学に行くのはどうかと思う。

それなら中卒で働き始めて、いろんな人達と交流を深めて人間性を磨いていった方が良い。なかには東大生であっても就活に苦戦している人もいるけど、それは企業側が、学歴ではなくて人間性を見ているからだろう。

今の私は自己受容を課題にしている。「自分が存在していることはありがたいことなんだ」と本心で思えるようになりたいから。

  1. 生きることは当たり前
  2. 生かされててありがたい

当たり前って思うと喜びないよね。でも、ありがたいって思うと喜びもある。

例えば、やって当たり前と思って行動すると苦しい。でも、やれてることはありがたいと思えば楽になる。

今ある当たり前、本当に当たり前?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする