障害者医療費受給者証

私は「精神障害者保健福祉手帳1級」所持者である為、今月から「障害者医療費受給者証(全疫病可)」が使えるようになった。つまり、どの診療科目を受診しても、医療費(診察代・薬代)負担が無くなることになった。

障害年金は母親に没収(管理)されてるし、私が自由に使えるお金はB型就労の収入(日給720円)だけである。もし今後ステップアップするなら、A型就労(時給最低賃金)か、4時間勤務可能なバイトか。まだバテやすい体である為、8時間勤務は現実的ではないし、このように福祉サービスを活用して生活しているわけである。

今日皮膚科に通院したとき、新しくなった受給者証を初めて使った。心療内科で慣れているはずなのに、他の病院で医療費負担が無いのは戸惑う。ちなみに症状は、首の右後ろが赤く腫れていて、とにかくそこが痒い。そしてマイザークリームを処方してもらった。早く治るといいんだけど。

※写真は、昨日撮影した東三河ふるさと公園の桜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする