障害者を救いたい気持ち

マイプロフィールとかにも書いてある通り、私はうつ病である。うつ病になってから、多くの障害者(精神・知的・身体)を見てきた。正直、どう接していいのか難しい人もいる。今でも、障害者とのコミュニケーションは試行錯誤中。それぞれ障害の重さも違うし、それぞれの持ってる爆弾(症状)も違う。

だけど、今後は障害者と多く接してきた経験を活かしたい。私自身も当事者だからこそ、障害者を救いたい気持ちが強い。

もちろん日蓮正宗の信仰に興味を持ってくれたら嬉しいけど、信仰は強要するものじゃないし、嫌々信心するのは大聖人様も望んでないと思う。私ができることは、自分が学んだ仏法のことを伝えたり、自分の歓喜の体験を伝えることだけである。

私は最近、自己受容を心がけるようになった。この自己受容に関しては、みんなに実践してもらいたい。どうか、「ありのままの自分・生きてる自分の存在」を受け入れてほしい。

どうせ駄目だ、とか思わなくていい。誰にだって長所はある。自分の長所を見つけて、それを褒めていこう。

苦しくて・悲しくて・悔しくて泣きたくなることもあるだろう。涙が枯れるまで、思いっきり泣いていい。そして泣いた後には、思いっきり笑おう。面白いものを見たり、おいしいものを食べたり、楽しい音楽を聴いたり、少しでいいから笑おう。

今現在、私の笑いのマイブームはSNOW。自動的に変顔加工してくれるアプリ。

こんな感じで(笑)

こんなことをしてるけど、一応うつ病治療中。最近になってから睡魔が強すぎて、エチゾラムを減らしてもらった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする