名探偵コナンを好きになった理由

ミニストップで名探偵コナン92巻GET。

工藤新一、毛利蘭、世良真純、赤井秀一、羽田秀吉、の初コラボ。世良真純は芸人か(笑)

さらに服部平次は遠山和葉に告白できるのか?それは次巻のお楽しみ。

新しい登場人物も増えてきて、もう誰が味方なのか敵なのか分からん。スケールがどんどん大きくなってくもんだから、全く終わりが見えない。青山剛昌氏、体調悪そうだけど、無事に完結させてくれんと困ってしまう。迷宮入りだけにはしてほしくない。

もうコミック92巻である。名探偵コナンは、私が小学生のときに始まった漫画。高校に入ってからは毎年の映画鑑賞が私の年中行事となっている。もう映画の最初の解説は飽きたけど、今年の映画はアガサ博士のクイズはあるんだろうか。

【名探偵コナンを好きになった理由】

両親が推理好きな影響もあり、母親が火曜サスペンス劇場を観てるときに、宿題の問題が分からんふりをして、母親に教わりながらテレビを観てた。同級生に犯罪に興味があるのかと聞かれ、犯人を推理するのが楽しいと答えた記憶がある。元々そんな小学生だった。

そんなあるとき祖母宅に行ったら、従兄が名探偵コナンのコミックを持ってきていて、読ませてもらったらハマってしまい、そこからは自分でもコミックを集めるようになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする