今現在に甘えてはいけない

【御命題成就の御祈念】

平成33年、宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年を期して、法華講八十万人体勢構築を、名実ともに必ず成就なさしめ給え

【御祈念】

「一年に一人がひとり以上の折伏」の成就と、入信した方との総本山大石寺への登山成就なさしめ給え

これは、朝夕の勤行に追加して御祈念させて頂いている内容である。

もし折伏・下種しなければ平穏に過ごせるかもしれない。でも私は自衛の為に、職場の人間に日蓮正宗信徒であることを話した。謗法の神社仏閣に入りたくないということを伝えたかったから、それだけでも凄く勇気を必要とした。

今後私は、功徳の体験を折伏に活かしたい。難しい教学(道理・文証)よりも歓喜の体験(現証)だと思うから、日々、唱題・勤行に励み、心が磨かれて変わった姿を見せることが、折伏の相手に響くと考えている。

もちろん、宗教に詳しい人に対しては、教学も必要となってくることもあるかと思うけど、そういう場合はその方を寺院にお連れして、御住職様に正しく導いて頂くのが良いと私は思う。

とにかく私達ができることは唱題である。心に仏界を宿してから折伏・育成すること。相手は自分の鏡。ちなみに下種をした時点で、相手は将来(今生もしくは未来)、仏になる人である。折伏の相手には慈悲を持ち、相手がたとえ逆縁でも誹謗してはいけない。折伏が修羅界の論争になってしまったら、それは折伏とは呼べない。折伏は「人を救う行為」なのであり、それを見失ってはいけない。今現在に甘えてたら成長はない。

少しずつでいい、マイペースでいい、昨日よりも今日、今日よりも明日、毎日成長して過ごしていこう。恐れず大きく変わろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする