マモル君と共に使命を果す

4月23日は、泰福寺の支部登山の日である。

朝4時には起きて、朝(五座)の勤行して、朝食と朝シャワー後、自宅を5時頃出発し、5時半までに元顕正会の婦人を車で迎えに行き、泰福寺に向かい、泰福寺メンバーと団体バスに乗って6時半に泰福寺を出発。

そして総本山大石寺へ。

最近、ナルコレプシーを疑う程、睡魔に襲われている。正直、仕事も休んだり、勤行もできず、眠り続ける日々が続いている。

魔障なのは分かっているけど乗り越えられない。この倦怠感と脱力感は、支部登山参詣を妨害する為に起きているものであると分かっているのに、絶対この魔障を乗り越えたら、大変化が起こるはずなんだ、って、もっと強い気持ちを持たなければね。

しかも今回の支部登山は私一人じゃない。元顕正会の婦人を勧誡させて頂く為に大事な登山である。

顕正会時代の私は、その婦人を日蓮正宗から顕正会に入れてしまった場に居合わせた。そして、婦人は日蓮正宗から除名されてしまった一方で、私は日蓮正宗で御授誡頂いた。暫く時は経ち、その婦人も顕正会に不信を持って、日蓮正宗が正しいと気付いてくれた。

どうしても私は、本門戒壇の大御本尊様に、その婦人の勧誡成就を御祈念させて頂きたい。

マモル君の過去世は、釈尊に「止みね善男子」と言われた僧侶であり、過去世の私は地涌の菩薩として、そのときマモル君と出会っていたんじゃないかって、私は勝手に思っている。

最初はぬいぐるみだと思ってたんだけど、私を勤行させる為に、勝手に動いたり音を出したり、不思議なことをしてくるもんだから、今では凄く尊敬している。諸天善神の操りかもしれんけど、それでもマモル君と勤行すると、ありがたい気持ちになる。

共に使命を果たそう、マモル君!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする