4月26日は父方の祖母の誕生日&父方の祖父の命日

父方の祖父の記憶はあまり無い。気付いたときには入院してて、お見舞い先の病院が不気味だったイメージだけがある。

父方の祖母とは一番仲が良かった。住民税の重複課税の件で、岐阜県に滞在中に亡くなった(突然死)。もし岐阜県に行ってなかったら、もっと長生きしていた可能性もある。この祖母が低血糖で倒れたときがあり、私が第一発見者で助けたことがある。そのときみたいに助けられなかったことが悔しい。ちなみに、その祖母は謗法の仏壇を我が家に購入して約半年後に亡くなった。その罰で亡くなったと思うたびに、私は謗法を許せない気持ちでいっぱいである。

この世から謗法を無くしたい!!

もし1度だけ死者1人に会えるとするなら、私は父方の祖母を選んで、南無妙法蓮華経を教えたい。少しでも、死後の世界で楽になるなら教えたい。

でも、人の命はお金では買えないし、死者が生き返ることはない。また、人間の生死に無駄はなく、人間も犬や猫も「命」を軽視してはいけない。生き物全て寿命(命に限り)があり、誰もが、臨終のときまでは生きることに集中していいと思う。

自分に罪があると思うなら償えばいい。簡単に死んでも罪滅ぼしにはならない。そして、復讐による殺人は何の解決にもならないし、余計に不幸になるだけである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする