「障害者差別解消法」を知って下さい!

​障害者差別解消法では、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮をしないこと」が差別になります。

【不当な差別的取扱い】
例えば、「障害がある」という理由だけでスポーツクラブに入れないこと、アパートを貸してもらえないこと、車いすだからといってお店に入れないことなどは、障害のない人と違う扱いを受けているので、「不当な差別的取扱い」であると考えられます。ただし、他に方法がない場合などは、「不当な差別的取扱い」にならないこともあります。

【合理的配慮をしないこと】

聴覚障害のある人に声だけで話す、視覚障害のある人に書類を渡すだけで読みあげない、知的障害のある人にわかりやすく説明しないことは、障害のない人にはきちんと情報を伝えているのに、障害のある人には情報を伝えないことになります。障害のある人が困っている時にその人の障害に合った必要な工夫ややり方を相手に伝えて、それを相手にしてもらうことを合理的配慮といいます。

【役所の対応】

不当な差別的取扱いをすることは禁止され、必ず合理的配慮をしなければなりません。

【会社・お店などの対応】

不当な差別的取扱いをすることは禁止され、障害のある人が困らないようにできるだけ合理的配慮を努力することになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする