心身共に姿勢を正そう

【道徳などに基づき、人間を理性的に規制して正していくのは限界がある!】

病気の再発や犯罪の再犯が無くならないのは、根本原因を解決していないからである。その根本原因を無くすことは、どんなに優秀な医師やカウンセラーでも不可能。

では、根本原因とは何か?

信じ拝む対象が間違っていることである。人間は、信じ拝む対象と感応して(一体化になって)生きている。その対象が不幸になる神仏・人間(自他共に)だとしたら、どんどん心身は歪んでいき、身体的苦悩・精神的苦悩という結果が起きてくる。

例えば、姿勢が悪い人が肩こりで悩んでいて、病院で薬を処方されて肩こりが治ったとしても、姿勢が悪いままだったら、また肩こりに悩まされるようなもので、実際に、心の姿勢・体の姿勢を正してくれるのは、仏の生命と感応可能な「日蓮正宗の仏法」だけである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする