経済面・健康面・精神面全て揃えて幸福にする

世の中には、仏法を信じていなくても、立派で幸せそうな人が多い。しかし、それは表向きであって、実際はそういう人達も苦悩しながら生活している。

例えば、美男美女がストーカー被害で悩んでいたり、出世して億万長者の人が不治の病で悩んでいたり、職場の人気者が家族のことで悩んでいたり、成績優秀の人が友達できなくて悩んでいたり、誰もが羨ましいと思っている人にも、意外と悩みがあるのである。

経済面の安定・健康面の安心・精神面の満足の全てを幸福にするには、日蓮正宗の仏法を正しく・強く実践する以外はない。また、臨終のとき成仏するか・地獄に堕ちるかは「信心の強弱」で決まる。幸福を感じる条件は人それぞれではあるけど、人間にとって最大の幸福は成仏であり、成仏ができるのは日蓮正宗の仏法を正しく・強く実践した人だけである。

日蓮正宗の仏法を正しく・強く実践して、今生(現世)はどんな困難・苦悩も乗り越えて楽しく過ごし、未来世(来世)は生活環境の恵まれたところに生まれることが、「信心の目的」である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする