何事も体験すれば分かる

日蓮大聖人様は後入滅され(この世を去り)、私達、後世に、御本尊様を授けて下さった。御本尊様とは、日蓮正宗の信仰の対象であり、日蓮大聖人様の魂が宿っている。

よって、御本尊様に向かって御祈念することは、日蓮大聖人様に救いを求めるのと同じである。

なかには、魂とか目に見えないものは信じない、という意見を持つ人もいるけど、しかし、多くの日蓮正宗信徒に功徳(御利益)があり、別人のように生まれ変わっているのも現実である。

しかも、そういう意見を持つ人は、体験しないで文句や悪口を言っているだけであり、それはただの偏見でしかない。その場合、ちゃんとした証拠(体験など)を基に意見を持って頂きたいと思う。

何事も体験しなければ分からないし、予想や他人の意見だけを参考にしていては正しい判断はできない。私は、好き嫌いも得意不得意も、体験があってこそ分かるものだと思う。

私は妄想でこれらを語っているのではなく、自分の体験を基に、ブログを通して、いろいろ伝えさせて頂いているわけである。

確かに、日蓮大聖人様の魂が肉眼で見えているわけではないけど、私は日蓮大聖人様の魂が御本尊様に宿っていることは心で感じている。それは実際に体験してみないと分からないことである。だから、体験してから意見を持とう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする