必要なタイミングで必要な情報が手に入る

【必要なタイミングで必要な情報が手に入る】

過去にそんなことを聞いた。つまり、情報にも自分との縁があるということだろう。

例えば、家庭の医学という番組では、ずっと悩んでた原因不明の体調不良が判明したケース(セカンドオピニオンのこと)が多く取り上げられてる。

仏法の話も、本人の意識・無意識関わらず、意外と聞くべきタイミングで聞いてる。

何故、この話を思い出したかと言うと、引き出しの思い出コーナーをいろいろ見てたら、高校時代の卓球部仲間からの手紙を改めて読んだからである。

【ボスの改造計画】

(ボスとは私の高校時代のニックネームで、私が幼稚園時代に缶コーヒーBOSSを愛飲してたことが由来。)

  1. 人を信用するべし!
  2. いつも笑顔を心がけるべし!
  3. 人の長所を見つけるべし!(自分の長所も見つかるかららしい。)
  4. 人とうまく接するべし!
  5. もう一人の自分と戦うべし!
  6. 以上を言ってから学校に来るべし。

なんか、今現在も言われてる気分になった。ってことは、高校時代から自分が全く成長してないってことなわけだけど、にしても、この手紙の主は、高校生にしてこのようなアドバイスできて凄いなあと感心した。でも申し訳ないことに、当時の私は習慣にできなかった。今なら頑張れるだろうか…

高校卒業後は全く交流なしだけど、本当に高校時代は一番お世話になった仲間である。彼女の実家は地元の文房具屋。そこに行く勇気も電話する勇気もないから、偶然どっかで会えればいいんだけど、どっか遠くに住んでたら会える確率はかなり低くなる。というか、仮に道ですれ違ったとしても、お互いに気付くかどうかも分からんし、かといって、通院先とかが同じになることもないだろう。

この素晴らしい改造計画、本当に今の自分に必要だなって思った。

ちなみに、ブラックコーヒーが飲めるようになったのは高校時代から。そして今は、缶コーヒーはジョージア派である。ジョージアは缶コーヒー独特の酸味がなく飲みやすい。

でもやっぱりコーヒーは、リンク珈琲のオリジナルブレンドをオススメしたい。ネット通販でも購入できる。リンク珈琲のコーヒー飲んだら、コーヒーに対する価値観が変わるはず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする