何故犯罪やいじめが無くならないのか?

何故犯罪やいじめが無くならないのか?

それは、末法濁悪(現代は濁った世の中)、その原因とは、邪教による害毒に個人も国も汚染されているからである。

本当に全ての神社・寺院に御利益があるなら、日本に悲惨なニュースは流れないし、事件や事故が無い平和な国になっているはずである。それに、労り合い、励まし合う世の中になっているはずである。しかし、現実はそんなに甘くない。人間界は、欲深くて煩悩が強い人々で溢れている。だから、争ったり傷つけ合ってしまう。

無力な宗教は、人を不幸に導く邪教(幸福詐欺)に縁すれば心身共に汚れて濁り、そのような人々が増えて国も乱れていく。

犯罪やいじめを無くすには、人を幸福に導く(心身共に浄化できる)宗教に縁する必要がある。その宗教は、日蓮正宗の仏法しかないと、日蓮大聖人様が説いている。

実際に体験して確かめてみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする