ONE PIECEの名言

【弱ェ奴は死に方も選べねェ】

これは、死の外科医である、トラファルガー・ローの名言である。

この名言に「グサッ」ときたから紹介。

漫画の世界だけじゃなくて、現実社会もそう言える気がする。この世は弱肉強食の世界。差別や偏見は無くならない。だから、弱い者は強い者に従い、それに逆らえば、殺されるか、自ら死を選ぶかのどちらか行きになる。正直私は、そんな世の中に超ウンザリしている。

人類滅亡して烏賊(イカ)が地球征服するという説があるらしいから、その通りになってくれてもいいと思うけど、私が日蓮正宗を信仰しているのは、少しでも濁りきった人間社会が良くなる(浄化される)ならという期待が強いからだろう。

元々宗教は全く興味無かった。そもそも、昔から式というものが苦手だから、法事も嫌いだったし。長時間じっとし続けて、難しい話を聞かされるのは、集中力も続かないし、ずっと同じ姿勢で体も痛くなる。

ちなみに、顕正会は、宗教というより、軍人サークルというイメージで、孤独な人間の暇潰し。束縛激しいけど、孤独に弱い人は依存しやすい。

日蓮正宗に入りたいと自ら希望したのは、日蓮大聖人様は凄いと思っているから。他宗は綺麗事ばかりで全く興味ないけど、日蓮正宗は全く苦にならない。難しくて理解できなくても、納得しているという不思議な感覚。多分、仏法の話が聞けただけでありがたい、ということだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする