都民ファーストの会に期待

東京都民じゃないし、何の根拠もないけど、私は「都民ファーストの会」に期待している。その中でも注目しているのは、最年少の成清梨沙子議員と、西郷隆盛の子孫の本家に嫁いだ西郷あゆ美議員。小池百合子都知事が代表を辞任したけど、それでも「新鮮さ」を感じる政党への期待は変わらず。

私が初めて選挙に投票できる立場になったときは、立候補者一人一人の公約を見て、某駅にエレベーターを設置すると唯一語った立候補者に投票し、当選後に本当に実現してくれて、凄く嬉しく思ったものだけど、その後の選挙では、みんな同じような公約ばかりで応援する気がなくなり、それからは選挙への熱意が冷めてしまった。

確かに課題は共通なのかもしれないけど、それでも、この人なら今の政治を変えてくれそうというインパクトがないと、魅力も感じないし期待もできない。

日本の首都は「東京都」であり、東京は日本の代表である。東京が良くなれば、日本全体にも良い影響がある、と私は期待している。それこそ、良い意味でなら革命的なことが起きても構わない。

日本は守りの姿勢が強すぎる。もっとガンガン攻めてもいいんじゃないかと思う。ぜひとも、政治家の方々にはリスクを恐れず勝負して頂きたい。

真剣に国民のことを考えて、本気の覚悟と勇気を持って行動したのであれば、それがもし失敗したとしても前進したことになると思う。もしそのような政治家が実際にいたら、私だったら次こそは頑張れと応援するはず。

後は、誰も見ていないところでも、地道に努力していける人も政治の世界には必要だと思う。それに、バレる・バレない関係なく、政治家の立場を悪用するのはやめてほしいし、そういう利益じゃなくて、もっと国民の信頼度を重要視してほしいと、私は強く願う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする