事件は会議室じゃなくて現場で起きている

【事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!】

これは踊る大捜査線の名言である。

現場を知らない者の事件解決や、素人がプロを指導するということは困難だろう。これはどの分野にも当てはまる。

日蓮正宗の仏法は難信難解、実際に体験してみないと理解し難い。

もちろん、体験前に事前に情報収集して調べたり学ぶことは良いことだし、納得するまで勉強して構わないと思う。そこでベストなのは、独学ではなくて、実際に信仰している人の意見を聞くことである。仏法のことを知らない人に意見を求めても、それは素人の意見であって誤解の原因になる可能性が高い。

日蓮正宗の寺院では、毎月第二日曜日に「御講」という法要があり、信徒でなくても参加することができる。寺院によって時間は異なる為、最寄りの寺院への問い合わせが必要になるけど、多くの信徒が集まり、御住職様の話が聞けるなど、日蓮正宗の雰囲気を知るチャンスの場である。

「日蓮正宗とは?」と疑問に思われるなら、ネットで調べたりするよりも、この「御講」に参加するのが一番オススメである。すぐに判断する必要はない。何度か足を運んで見極めてもいい。

毎月第二日曜日、他宗の人もウェルカムである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする