人が人を助ける理由に論理的な思考は存在しない

(名探偵コナン:コミック35巻より)

工藤新一(コナン)も言っている。誰かを助けるのに理由なんてないと。私も同感、助けたいと思うのは本能だと思う。

私はよく、他人の心配するより自分の心配するようにと言われる。でも実際、人間は助け合って生きる生き物である。

私は、困っていたり、苦しんでいたりする人を見かけたら、大丈夫だろうかと気になってしまうタイプである。たとえ、ありがた迷惑だと思われても、お節介だと思われても、余計なお世話だと思われても、自分は人助けに全力投球したい。

日蓮正宗の信徒が、一生懸命になって仏法の話をするのは、不幸な人を助けたい、今後不幸にさせたくない人を不運から助けたい、という慈悲によるものである。ほっとけない、ただその純粋な気持ちである。

何か問題があったときは、ぜひ「南無妙法蓮華経」と唱えてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする