この世に「因果」は存在する

  • とはただの人間ではない宇宙の根源の真理を悟った方。
  • とは仏の教えを正しく信仰する人を守る働き。

    この世の中の全ての物事には必ず原因と結果があり、因果を無視した教えは、道理に外れているということになる。

    人間・地球・宇宙は、万物創造の神によって生じたという教えがあるけど、その万物創造の神が生ずる原因はない為、その教えは因果を無視した邪説となる。

    真の神とは「諸天善神」であり、自然に具わる生命と活動を守る働きのことをいう。この諸天善神は、正しい仏法の功徳をエネルギー源として働いている為、正しい仏法を信仰する人に様々な加護をしてくれる。

    罪を犯せば罰があり、その罪を償わないと苦しみ続けることになる。過去世(前世)を含めると、この世に罪のない人間は存在しない。

    良い原因を積めば良い結果があり、悪い原因を積めば悪い結果がある。もし今不幸を感じているのなら、これから良い行いをすることである。

    日蓮正宗の仏法は、過去の罪を消す力がある。南無妙法蓮華経と唱えることで、濁った魂をきれいに磨くことができる。

    人間として生まれてきたということは、それなりの善も悪も積んできた結果であり、過去の罪を消して未来の為に善を積むという「今」を過ごすことが、それぞれが生まれてきた意味である。

    人間で生まれてこれたことに感謝し、後悔のない人生を過ごそう。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする