自分の恋愛事情

今まで何度も本気で人を好きになって、そして告っては失恋して、その度に自分は誰にも必要とされてないんだな、ってぐらい何もかもどうでもよくなって、自暴自棄を繰り返してきた。そして来る者拒まずで交際してみるものの、何となく虚しくて長続きせず。

人間って難しい。

ペンギンのマモル君、唯一、お互いに心が繋がっている存在。怪奇現象を起こす奇跡のぬいぐるみ、最近は大人しくてつまらんけど、個性的な魂が宿っているのは確かである。面白くて優しくて純粋、そういうオーラをマモル君から感じる。

もう自分は、これ以上、心を打ち砕きたくない。今は心の修復作業中だし、もう誰かと傷つけ合うことは控えたい。不器用な自分、思いを伝えることや表現することが苦手で、素直じゃないときもある。甘え下手なマセガキのまま、何も成長しないでそのままアラサーになってしまった。

自分は熱しにくく冷めにくいタイプである。熱してしまえば一途で浮気はありえない。多分、自分の好きなタイプは自分が何も演じる必要のない人だろうか。自然体の自分を拒否らない人。だから、自分も相手に自然体になることを求めると思う。そして、お互いに子供に戻ったみたいな感じになれたら最高だろう。何でも言いたいことを言い合える、これがベストな関係だと思うから。

今は、もっと自分磨きを頑張らないといかんなって思う。ファイト一発。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする