死んだら終わりということはない

「生」「死」は繰り返される。

形は変わっても分子の数は変わらない、という質量保存の法則のように、仏教では、生命も〈生から死へ〉〈死から生へ〉と、形を変えながら永遠に存在している、と説かれている。

さらに、正しい仏法を信仰してきた人と逆に反対してきた人の【死相の違い】を、多くの人達が見ているという現実がある。この死相の違いが、死後に成仏するか地獄に堕ちるかを表現しているのである。だから、死んだら終わりということはない。また、この世には前世の記憶を持って生まれてきた人も何人か存在する。

私自身、死んだら楽になるんじゃないかと、そういう気分になることはある。でもそれは錯覚であり妄想である。

もし自殺をすれば成仏することなく、生きているときよりも苦しい地獄が待っている。幸福な人生を送るには、成仏する為には、正しい仏法を信仰するしかない。仏道修行に励むしかないのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする