パクチー初体験

本日、パクチー<食>デビュー!

今日、B型就労先でパクチーの焼きそばとパクチーのじゃがりこ食べた。

焼きそばのニオイが強烈すぎた。職員も利用者もみんなカメムシのニオイって言って盛り上がった。

元々は職員が買ってきたやつ。凄いニオイだと言ったら試食する展開に。ニオイは強烈だけど、味はスパイスが効いてて悪くない。癖になりそうな味。

最終的に、その職員がパクチーにギブアップして、代わりに自分が焼きそば完食。

さらに、パクチーのじゃがりこを買った利用者もパクチーにギブアップして、代わりに自分がじゃがりこ完食。

パクチーのニオイは異臭レベルだけど、健康効果(デトックスや老化防止など)もあるみたいだし、個人的にはオススメしたい。

【パクチー(コリアンダー)のWikipedia情報】

葉は主に薬味として利用される。

ピネン、デカナール、ノナナール、リナロールなどに由来する独特の風味があるため、人によって好き嫌いが大きく分かれ、その風味を嫌う人にはカメムシのような風味であると評される。

ピネンなどのモノテルペン類は蒸散しやすく、乾燥に弱いため、乾燥コリアンダーリーフとして売られている商品には独特の香りはほとんどなく、生葉の代用品にはならない。

栄養価の点では、生の葉はL-アスコルビン酸(ビタミンC)を比較的豊富に含み、βカロテンやビタミンB1、B2、Eといった栄養素が豊富な上、体内に蓄積された毒素を排出するデトックス効果があるとも評されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする