盂蘭盆法要の由来

日、泰福寺にて盂蘭盆法要に参加。お盆の御塔婆も建立し、ご焼香もすることができた。

そして御住職様より、盂蘭盆法要の由来についての法話があった。

インドの釈尊の弟子である目連尊者は、亡き母親がどこにいるのかと、通力によって探したところ、亡き母親は餓鬼道に堕ちて苦しんでいた。

目連尊者の母親は、生前、欲が深くてケチだった罪により、死後、餓鬼道に堕ちてしまったのである。

母親を見つけた目連尊者は、何とか母親に水や食べ物をあげようとするものの、それらは燃えてなくなってしまう。

目連尊者は、師匠である釈尊に母親を救い出す方法を問うと、釈尊は修行僧が一斉に集まるときに百味の飲食を供養するようにと答えた。

目連尊者はその通りに実践したところ、亡き母親を救うことができた。

これが現在もお盆として続いているわけである。

日蓮正宗では、常盆常彼岸といって、毎日、朝夕の勤行によって先祖供養をすることができる。先祖が苦しんでいたら、先祖を救うことができる。これは、日蓮正宗でしかできない。

真剣に先祖の成仏を願うなら、日蓮正宗で信仰すべきである。それが、先祖の為、自分自身の為、子孫の為、となっていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする