言葉の受け取り方【人それぞれ】

葉の受け取り方は人それぞれである。

どの言葉が誰にとって「励まし」になるのか「凶器」になるのか凄く難しい。

同じ言葉でも、人によっては…

  • 「何言ってんの」って笑ってツッコミ。
  • 「何言ってんだ」って怒り出す。
  • 「酷い」って泣き出す。

言う人と言われる人の信頼関係もあるだろうし、言葉の選び方は本当に難しい。かといって、生活上、誰ともコミュニケーションを取らずに独りで過ごすことも不可能である。

笑って済むこともあれば、笑って済まされないこともある。いじってるのか、からかってるのか、冗談なのか、本気なのか、言葉が人に与える影響力は大きい。言葉は凄く重いからこそ、一人一人に合わせて言葉を選択しなければならない。

信頼関係があれば、冷たい言葉でも愛になることはあるけど、信頼関係がなかったら、絶縁状態になってしまう恐れもある。また、温かい言葉でも、人によっては余計なお世話になってしまう場合もある。

言葉選びは難しい。人それぞれ、言葉の受け取り方が違うから。言った方は何気ない一言でも、言われた方は人生を左右する程の言葉かもしれない。

できることなら、励ましの言葉ばかりを使いたいけど、それらも凶器に化けてしまうことを考えてしまうと、これから何をしゃべっていいのか正直分からんくなるけど、相手への思いやりは常に持ち続けたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする