日蓮正宗辞めたいと思ったことはない?って聞かれる…

蓮正宗辞めたいと思ったことはない?

創価学会に破門されても、未だに創価学会に執着している壮年(デイケア仲間)から、今日デイケアでこんな質問を受けた。

もちろん答えは「No」である。

幼少時代から謗法(他宗教)とは縁があったわけだけど、謗法の法事では親族の醜態を何度も見てきたし、謗法によって不幸になった人達を何度も見てきた。

だからこそ、日蓮正宗と謗法の格差がよく分かる。これは本当に理屈じゃなく、体験しないと分からない、と個人的には思う。

いろんな宗教が世界中溢れているし、自分の知らない宗教もたくさんあるんだろうけど、32年(もうすぐ33年)生きてきて、最高の宗教と思うのは日蓮正宗である。

仏教の中には、女性は成仏できんとか、差別もあったりする宗派もあるわけだけど、日蓮正宗は、性別も国籍も年齢も差別することなく、信心さえあれば、誰もが幸福可能で、誰もが成仏可能な宗教である。

だから、マジで日蓮正宗に入れて良かったって思う。宗教が好きとか、そういうわけじゃなくて、日蓮正宗だから安心できるというか、自分には日蓮正宗なんだなっていうか、そう思える宗教は日蓮正宗しかない。

だからこの3年間、生活上は苦楽共にいろいろあったけど、日蓮正宗を辞めたいと思ったことも1度もないし、日蓮正宗に対して何か不満に思ったことも1度もない。

顕正会は、不満だらけで愚痴だらけだったのに不思議である。

だから自分は、日蓮正宗こそが唯一正しい宗教なんだと思える。というか、謗法が酷すぎることを知ってるからかな。

日蓮正宗の功徳は素晴らしい!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする